喘息 種類

気管支喘息

アレルギー便利帳 〜アレルギーの豆知識〜
当サイトでは、アレルギーの種類や薬、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎、蕁麻疹などの基本的なことが理解できる豆知識をご紹介しています。最近では何らかのアレルギー症状で悩んでいる方が増えてきていますが、それらに関連する数多くの情報を掲載していますので、少しでも皆様に御活用いただければ幸いです。
スポンサードリンク
アレルギー便利帳 ホーム >> アレルギーの病気

気管支喘息
気管支喘息は、種々の刺激物質によって引き起される慢性的な気道の炎症です。気管支が急に縮んで空気の通り道が狭くなるため、発作的な咳、喘鳴(呼吸時に出るゼイゼイ、ヒュウヒュウトいう音)、タン、くしゃみ、鼻水、呼吸困難などを引き起こします。

発作はその程度により、小発作、中発作、大発作の3段階に分かれており、その原因としては化学物質や細菌、食物、ハウスダスト、花粉、高熱、寒冷、放射線、寄生虫などがあります。

気管支喘息は大きく分けてアトピー型喘息、非アトピー型喘息、アスピリン喘息、運動誘発喘息の4種類に分類することができます。


スポンサードリンク

気管支喘息
アトピー型喘息(アレルギー性喘息) 非アトピー型喘息
乳児喘息(喘息様気管支炎) 小児喘息 思春期喘息 成人喘息
高齢者喘息 アスピリン喘息 運動誘発喘息  感染型喘息 咳喘息 
職業性喘息 アルコール誘発喘息 心臓喘息  難治性喘息
喘息の定義 喘息の原因
喘息の症状
喘鳴 咳嗽 気道炎症 気道過敏症 気道閉塞 気道リモデリング
陥没呼吸 起坐呼吸 呼吸困難 呼吸不全 チアノーゼ モーニングディップ
ブロンコレア(気管支漏) 即時型喘息反応 遅発型喘息反応
喘息の検査
呼吸機能検査(肺機能検査) スパイロメトリー スパイロメーター 
スパイログラム フローボリューム曲線 肺活量 努力性肺活量 1秒率
1秒量 ピークフロー 日内変動 可逆性気流制限 機能的残気量
アレルゲン吸入誘発試験 気道過敏性試験(検査) アセチルコリン
運動負荷試験 トレッドミル 動脈血液ガス分析 動脈血酸素分圧
動脈血炭酸ガス分圧 アストグラフ法 
喘息の重症度 治療点数
喘息の発作
小発作〜喘息発作の程度〜 中発作〜喘息発作の程度〜
大発作〜喘息発作の程度〜 重積発作(重篤発作) ・喘息死
喘息の治療
段階的薬剤投与 ステップ1(軽症間欠型) ステップ2(軽症持続型)
ステップ3(中等症持続型) ステップ4(重症持続型) ステップアップ方式
スッテプダウン方式 吸入療法 ネブライザー 定量噴霧式吸入器 スペーサ
RTC療法 イソプロテレノール持続吸入療法 早期介入療法 転地療法
運動療法 キャンプ療法
喘息の治療薬
長期管理薬(コントローラー) 発作治療薬(リリーバー) 吸入ステロイド薬
喘息の予防〜一次予防〜 喘息の予防〜二次予防〜
喘息の管理〜ゾーンシステム〜
イエローゾーン グリーンゾーン レッドゾーン
喘息日記 喘息予防・管理ガイドライン



CONTENTS
アレルギーとは
アレルギーの分類
アレルギーの種類
アレルギーの原因
アレルゲンとは
アレルゲンの種類
ストレスとアレルギー
大気汚染とアレルギー
タバコとアレルギー
アルコールとアレルギー
ダニとアレルギー(ダニ対策)
アレルギーの症状
アレルギーマーチ
アレルギー体質
アレルギーの病気
アレルギーの検査
アレルギーの薬
アレルギーの予防
アレルギー日記
アレルギーと免疫用語
アレルギーの関連用語
アトピー性皮膚炎
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
アレルギー性結膜炎
花粉症
蕁麻疹
その他の用語
当サイトの内容につきましては、あくまでも参考程度にご利用ください。病気をお持ちの方は、自己判断なさらずに医師に相談するようお願いいたします。
Copyright(c) waghs All rights reserved